募集要項・エントリーはこちら
【Sustainable Company】ティーネットジャパンで働く! » 【ひと】ティーネットジャパンの仲間 » 全国で働く20代転職組がZoomで座談会してみた

全国で働く20代転職組がZoomで座談会してみた

北海道~岡山まで全国各地で働く20代転職組6人がZoomで座談会!
気になるアレコレ聞いてみました

北海道・宮城・新潟・石川・愛知・岡山のティーネットジャパンで働いている20代で転職してきた6人がZoomで座談会!
ティーネットジャパンに転職した決め手、前職と違うなと思ったところ、一緒に働く人の魅力や今後の野望などについて語っています。

ティーネットジャパン20代転職組Zoom座談会

20代Zoom座談会参加メンバー

藤田 昂也さん

  • 勤務地:北海道紋別市
  • 入社年数:6ヶ月
  • 担当業務:資料作成等の発注者支援業務

北海道帯広市出身で、札幌市にあります建設会社に約5年勤め、道外転勤の話を機に転職を決意し、今年の3月に入社しました。

瀧本 雄斗さん

  • 勤務地:岡山
  • 入社年数:1年
  • 担当業務:積算業務

自分は島根県の隠岐の島という小さな島で、高校生まで暮らしていました。それから岡山の専門学校に通い、今に至ります。本土の町に住み始めた頃の新鮮さと衝撃は今でも覚えています。
好きな構造物は橋脚(釣りが趣味で、魚が回遊するスポットだからです)。

戸塚 由起彦さん

  • 勤務地:仙台
  • 入社年数:4ヶ月
  • 担当業務:海岸災害復旧工事監督支援業務

4月より入社しました。前職ではURの発注・変更に伴う積算を4年程していました。監督業務は初めてのことで、一緒に担当している大先輩の方に色々教えてもらいながら、日々精進しています。
好きな構造物は法隆寺五重塔です。

Hさん

  • 勤務地:金沢
  • 入社年数:1年未満
  • 担当業務:一般業務

今年の4月に入社いたしました。大学は経済学部卒でまったくの未経験からの入社です。本日はよろしくお願いいたします。
好きな構造物は金沢駅です。

伊藤 仁美さん

  • 勤務地:名古屋
  • 入社年数:6年目
  • 担当業務:積算技術

入社時は別事業業部で製品の設計・品質業務を行ったあと、CS事業本部に異動しました。変わった社内転職ですが土木を楽しんでいます。
好きな構造物は「側溝」です。

小野さん

  • 勤務地:新潟
  • 入社年数:4ヶ月
  • 担当業務:発注者支援の持ち帰り業務

秋田出身の小野春菜です。新潟に来てから今年で10年目です。ラーメンが大好きで、最近は担々麺や味噌ラーメンをよく食べます。
好きな構造物は神奈川のさんかくはしです。

本題に入る前にここでクエスチョン!

この漢字は座談会の終わりに無茶ぶりをしてティーネットジャパンを漢字1文字に例えてもらったもの。
誰がどの文字に例えたのか。6人なのになぜ漢字は5つなのか?想像しながら座談会の様子をお楽しみください。

ティーネットジャパンを漢字1文字に例えると(20代編)

ティーネットジャパンに転職した決め手は、福利厚生と〇〇〇

司会:ティーネットジャパンを選んだ理由は人によってさまざまだと思いますが、一番の決め手となったことを教えてください。

瀧本さん

瀧本:一番の決め手は、給与面です。前職は建設コンサルタント会社で主に上水道の設計をしていたのですが、経済的にゆとりがないことが理由で転職活動を行っていました。このときに、友人にティーネットジャパンの福利厚生についてこっちのほうがいいよと教えてもらい、「ここなら」と思い入社しました。給与面については入社してよかったです。
前の会社は小さい会社で、水道管を埋めるのも町道とか小さい工事だったのですが、今は国の仕事で規模がデカいのでやる気にもつながっています。

司会:ほかにも福利厚生面が決め手になった方はいらっしゃいますか?(ほぼ全員手を挙げる)

小野さん

小野:お給料もそうなんですが、お休みですね。前職は上水道工事をメインにした会社で竣工図書・書類作成を行っていましたが、地方の小さい会社だったこともあるのですが、休みもなくて。年末~年度末まで土曜日が出勤で日曜もときどき出ていて、毎日4~5時間残業しても終わらないという状態がずっと続いていたんです。でも、ティーネットジャパンは土木の会社なのに週休2日はずごく珍しいなと思ってお給料や休みがとれること、残業が少ないといった福利厚生は決め手でした。あとは、できる仕事の幅が広がることや、研修やOJTがしっかりしている点に魅力を感じました。
まだ繁忙期ではないのでわからないんですが、今のところはきちんとお休みをとれています。

司会:小野さんのように、きちんと休めて残業の少ない点に惹かれた方はいらっしゃいますか?

藤田さん

藤田:僕は札幌の建設会社で5年間、施工管理の仕事をしていましたが、当時は朝から晩まで現場にいて、それから残業してという感じで、休みも基本的には4週4休でした。それに比べると今は暦通り休めていて、こんなに休んでいいのかなというくらいです。
道外への転勤の話が出たのですが、どうしても道外に出たくなかったので、転職を決めました。福利厚生にも惹かれましたが、面接していただいた方の温かさや仕事に対する熱量に惹かれて決めました。
以前は現場が多かったのですが、今は発注者支援で資料作成などの仕事をしています。

戸塚さん

戸塚:私の前職はURや宮城県の発注に関する積算業務をやっていたのですが、全国転勤だったんです。その当時から2年半ぐらい一緒に住んでいる彼女がいて、やはり結婚を考えた際、転勤がなく地元の仙台でずっと働きたいと思っていました。そんなときにティーネットジャパンを知って、異動の少ない東北で働けるという点が決め手で入社しました。現場はその都度色々変わりますが、事務所は仙台にあって、ずっと地元で働けるのが魅力でした。

Hさん

Hさん:私ももちろん、福利厚生も魅力的でした。前職が塾で、塾は土日休めませんから、みんなが休みの日に休めるというのもすごく嬉しかったです。
それに加えて、新しいことに挑戦してみたいなと思っていたところに、違う業種からでも、しっかりと教育していただける環境が整っているということも決め手でした。
土木全般何もわからないので、今何もかもが新しいことだらけで勉強中です。

司会:Hさんは、まったく違う分野からの転職ですが…そもそも土木業界に興味があったのですか?

Hさん

Hさん:土木に興味は特になかったのですが、道路を見て、「あ、側溝や」と思うようになりました。
もともと街をつくることに興味がありました。大学では街づくりと経済の関係を学んでいたのですが、次第に自分自身が街づくりに携わりたいと感じるようになったんです。 文系出身で図面も見たことがない私に挑戦の場を与えてくださったのがティーネットジャパンでした。

司会:「側溝」好きの伊藤さんは、何が決め手だったですか?

伊藤さん

伊藤:私はもともとティーネットジャパンの別の事業部(プロダクト事業)にいてLED照明の設計や品質管理の仕事をしていました。新しいことをやりたいときに、予算的に難しいとか、色々制限があって、やりたいことができない雰囲気になっていました。
CS事業本部は安定しているし、やりたいことにもバックアップがありそうだと思ったので、自分から希望してCS事業本部に異動してきました。
ティーネットジャパンにそもそも入社したのは、市場が安定していること、さまざまな業務があることが決め手でした。前の事業部がLEDを売っていることすら知らない方が多いですが、発注者支援を行うCS事業本部は、「自分たちこそがティーネットジャパンで一番稼いでいるんだ」という意識がすごいと思います。イケイケやなって思います。

ほかの会社とティーネットジャパンはここが違っていた!

司会:入社して実際に仕事をしてみて、ティーネットジャパンって、ここが面白いなとか、ここが他と違うな、と思ったことはありますか?思い描いていた通りでしたか? 一番在籍の長い伊藤さんからお願いします。

伊藤さん

伊藤:一番はやはり、休めることですね。有休も使えているので。
あとはドローンとか360度カメラなどの導入が早いことが自慢ですね。名古屋支社も2台あったりして、「いつでも触っていいよ」と言われていて、新しいものに触れる環境がいいなと思います。
LEDの事業部にいた際は製品の開発スピードが早く、品質や事故への責任が重いと感じていました。CS事業本部の仕事は、直接人に危害が及ぶわけではないため、業務への向き合い方が変わって、集中することができるなと感じました。
紙に書いてあった図の高速道路が開通し、休日に出かけた際にたまたま利用した時はこの仕事のやりがいを感じます。

戸塚さん

戸塚:今、監督業務ということで3つ現場を担当しているんですが、多くの違った工種を間近で見られたりするのが魅力だと思います。見たことがない工種が見られるので。
前職では積算中心で現場経験がほとんどありませんでしたが、今は現場立会・書類チェックや設計図書確認など、これまでとは違うことをやっています。分からないことや覚えることも多くて大変です(笑)。でも、今は複数の現場から経験や知識を積むことができることにやりがいを感じています。

藤田さん

藤田:数名で一つの現場を担当していた前職とは180度変わって、各々が担当現場を持つので、「自分がやらなければいけない」という責任感の大きさが違うなと思っています。
担当現場がまだ無いので何とも言えませんが、担当の現場が無事に完工した時は達成感があるだろうなと想像しています。

小野さん

小野:初心者向けの動画教材がある点と、ハラスメントに対してのスタンスが特に前職とは大きく違うと感じました。
経験が浅く、今はいただいた指示に対応するだけでいっぱいいっぱいな日々です。でも、将来は形にも記憶にも残るような仕事をたくさん任せてもらえるように精進します!

瀧本さん

瀧本:業務経験が豊富でまさにプロフェッショナルな人が多いと感じています。今は補助員として業務に携わっていますが、担当者の方と規模の大きな工事の積算を終えて、現場を見に行った時は、「こんな大きな構造物に掛かる費用を算出したんだ!」と達成感を覚えました。

Hさん

Hさん:すごくやりがいのある仕事だと思います。縁の下の力持ちとして人々の日常生活を支えていると実感できます。まだ入社半年でほとんど業務経験はありませんが、自分が修正した図面が成果品としてファイリングされているところを見たときは感動しました。

女性にとって働きやすい雰囲気と環境がある

司会:最近は女性の技術者も増えてきているようですが、女性目線で見て働きやすさについてはいかがですか?更衣室をすぐにつくってもらえたとお話をお聞きしましたが…

伊藤さん

伊藤:そうなんです。もともと事務所には男性ばかりで更衣室がなかったのですが、お気遣いいただき、すぐにつくってくださったんです。それに、顔色が悪かったりすると「大丈夫?病院行って来たら?」と、お互いに気兼ねなく声を掛け合える環境があるのも助かっています。

Hさん

Hさん:福利厚生がしっかりしており、また、業務や勤務地の希望に対して柔軟に対応していただけるので結婚や出産後も働きやすい環境にあると思います。

小野さん

小野:内容にもよると思いますが、困りごとを相談してから対応までのスピードがとても速いので、特別女性にとってというわけではなく性別問わず働きやすいと思います(対応してくれる方によっても対応は変わると思いますが)。
業務に関してはまだ現場に出ていないのでわからないことが多いのですが、力仕事で体力的に大変だということはないので女性でも安心して働けると思います。

司会:ママ社員も増えていて、聞くところによると、「くるみんマーク(※)」を取得したとか。ティーネットジャパンは女性が働きやすいように会社をあげて取り組んでくださっている職場ということですね。

※くるみんマークとは…厚生労働大臣から「子育てサポート企業」として一定の基準を満たしている企業に与えられる証。株式会社ティーネットジャパンでは、2020年に取得しました。参照元:厚生労働省 HP(https://jsite.mhlw.go.jp/kagawa-roudoukyoku/newpage_00103.html)

ティーネットジャパンに入社して、自分に足りないと感じたこと

司会:ティーネットジャパンに入って、大規模なプロジェクトに関わる機会も増えてくると思うのですが、こういうところがまだ自分に足りないな、こういうことを勉強しないとだめだな、と感じたことはありましたか?

藤田さん

藤田:まだ担当の現場を持っていないのですが、早く担当の現場を持って、最初から最後まで工事に携われるように、今はそれを目標に頑張っています。

瀧本さん

瀧本:土木の知識、経験値が一番重要だと思います。今は補助でやらせていただいていますが、担当になると吸収率が違うと思いますので、早く担当になれるように頑張っています。
2級土木施工管理技士の資格をとろうと思っていますが、実務経験がまだ足りないので、現場に出て取るか。あとは土木認定技術者の資格の勉強をしているところです。

小野さん

小野:土木学会の資格の勉強中です。前職も土木でしたが、水道のこと以外何もわからなくて勉強の毎日です。

戸塚さん

戸塚:まだ資格を持っていなくて、今年11月に1級土木施工管理技士の実地のほうを受けます。それに向けて勉強しているところです。

Hさん

Hさん:私も来月、2級土木施工管理技士を受けます。

先輩・同僚の印象、ここが自慢!

司会:続いてティーネットジャパンで一緒に働いている仲間についてお聞きします。
人についての印象はいかがですか?

伊藤さん

伊藤:前はみんな同じ事務所にいて、みんな知っている状態で仕事をしていたんですが、発注先に行けるので、色々な話を聞けて面白いです。

小野さん

小野:色々親身になってくれる方が多くて、スピーディに対応してくれて、大きい会社なのにその対応の早さにびっくりしました。
ロッカーのところの照明が暗くて、靴を履いたりするときに暗いなという話をしたら、もう午後にはライトをつけてくれたりとか。土木技術の教科書が難しいという話をしたら、高校の教科書を取り寄せてくれたりとか、そういうスピードが速いと思いますね。
何を聞いても親切にしてくれます。

伊藤さん

伊藤:2ヶ月前に男性5人の事務所にきたんですが、更衣室を急いでつくってくださいました。とてもやさしいです。

司会:Hさんは、前職とは年齢層も違うと思いますが、いかがですか?

Hさん

Hさん:右も左もわからない状況の中、ゼロから100まで教えていただいて感謝しています。

戸塚さん

戸塚:前は積算業務だったので、支店の中に積算課と設計課と入っていて大勢いたんですが、今は監督業務で出先の事務所に2人しかいないので、そこが違いますね。年齢は離れているんですが、いろいろ聞いたりしています。

藤田さん

藤田:私が今いるところは、ティーネットジャパンの方が他に2人ですね。まだ北海道支社のみなさんとはお話していないですが、みなさんいい人ばかりですね。

瀧本さん

瀧本:僕のところはゼネコンにいらっしゃった方もいるので、わからないことはすぐに教えてくれるし、問題も出してくれますね。

土日何してる? 20代社員の休日の過ごし方

司会:みなさん20代なので、いろいろやりたいことがたくさんあると思うのですが、休日は何をされていますか?

戸塚さん

戸塚:家族の時間を過ごしています。あとはジムに行って体を鍛えたりしていますね。

瀧本さん

瀧本:コロナで出歩けなくなったので、人の少ない森とかでバス釣りをするようになったんですが、始めたらハマってしまって、ほぼ毎週釣りをしています。

司会:Hさんは以前土日が出勤だったのが、お休みに替わって、休みの過ごし方は変わりましたか?

Hさん

Hさん:使い方自体はそんなに変わっていないのですが、みんなが休みの日に働いているのが嫌やったんですが、うれしいです。ジムに行ったり、読書をしたりしています。

小野さん

小野:私は完全インドアなので、アニメを見たりマンガ読んだり、あとはラーメンが好きなのでラーメンの食べ歩きをしたりしています。

藤田さん

藤田:同じ北海道ですが、実家とは別のところで仕事をしているので、休みは実家に帰ったり帰らなかったり。どっちにしても読書をしています。

伊藤さん

伊藤:私は野球が好きで、仙台とか北海道とかも野球観戦に行くほど。でも今年はちょっとおとなしくしています。

まずは資格取得に挑戦!今後の野望は?

司会:まだ転職して半年~1年と日が浅い方が多いと思いますが、みなさんの今後の野望、目標や挑戦してみたいことを教えてください。

瀧本さん

瀧本:まずは担当者になりたい。資格がないとなれないので、資格をとることからやっていきたいと思います。好きな物を好きな時に好きなだけ買えるようになりたいです(笑)。

藤田さん

藤田:僕もまずは資格をとって担当を持って、先輩方に追いつき追い越せを目標にやっていきたいと思います。構造物には関わりたいですね。
目の前のことを覚えるので精一杯でこれといったものはまだありませんが、事務所ごとに行う業務は違うと思いますので、沢山の仕事を経験していきたいです。まずは担当を持つことが目標です。

戸塚さん

戸塚:今、土木施工管理技士2級を持っているのですが、今年1級をとることです。そして、ゆくゆくは技術士の資格も取って、仕事の幅をさらに広げたいです。

伊藤さん

伊藤:みなさんと一緒で資格取得もそうなんですが、もともと専門は電気なので、積算でも支援業務でも電気の業務をもうちょっと増やしていけたらと思っています。
現在の業務は、4人チームです。今年立ち上げたばかりの業務ですが、数年後に「あの時は寂しかったね」と言えるように業務を大きくすることです。

小野さん

小野:まずは資格取得(土木技術検定試験)をして、早く現場に出たいなと思っています。仕事以外では今まで選ばなかったものを選択してみることに挑戦中です。いつも同じものを選んでしまいがちなのですが、たまには違うものを選んでみることで(少し大袈裟ですが)世界が広がり、選択肢が増えたらいいなあと思っています。

Hさん

Hさん:どんなことがあるかわかっていないのですが、様々な分野の業務に携わり、自分の得意な(好きな)分野を見つけていきたいです。そのためにもまずは資格取得に励みたいです。

司会:みなさん、お互いに聞いてみたいことありませんか?

伊藤さん

伊藤:Hさんの好きな構造物は金沢駅ということですが、金沢駅の良さを教えてください。

Hさん

Hさん:設計をやっている友達が「金沢駅は建築物的に高度な技術をつかっている」と言っていたので、これを書いておけばいいかなと思って書きました(笑)。以上です。

司会:なるほど(笑)。

ティーネットジャパンの魅力とは?

司会:改めて、ティーネットジャパンの魅力・強みを教えてください。

伊藤さん

伊藤:全国支社があり、土木だけじゃない業種も盛んなためいろんな業界のことがわかること

小野さん

小野:土木業界は繁忙期になると休日出勤が当たり前という企業が多い中、完全週休二日制であること、また、さまざまな種類の工事に携わることができるので幅広い知識や経験を積むことができる点が魅力的だと思います。

戸塚さん

戸塚:多くの現場に携わることができる、土木の知識や経験を積むことができる。

瀧本さん

瀧本:残業の多い土木業界でほぼ完全週休2日制で仕事ができること。コロナ禍であっても安定した給与がもらえること。

藤田さん

藤田:築き上げられた知識やノウハウの継承だと思います。 わからない事があれば先輩方に聞けるし、発注者、受注者間とも協力的に日々業務を行える環境は他に勝ると思います。

Hさん

Hさん:様々な業務に携わることができ、それぞれにスペシャリストがいるところだと思います。わからないことがあってもすぐにレスポンスをいただくことができ感謝しています。

ティーネットジャパンという会社を漢字1文字で表すと!

司会:ありがとうございます。
それでは最後に、ティーネットジャパンを漢字ひと文字であらわすと、どんな文字かお聞きしたいです。思い浮かんだ方からどうぞ!

ティーネットジャパンを漢字1文字に例えると(20代編)

伊藤:「考」(社是の「考えろ、やってみろ、みんなのために」から)

小野:「楽」(今の人間関係や職場が楽しいので)

戸塚:「挑」(挑戦するということで)

瀧本:「支」(発注者支援なので、支え合って頑張っていく感じです)

Hさん:「学」(学ぶことが多いので)

藤田:言おうと思っていた漢字をすべて言われてしまいましたので、それ以上はないです!(笑)

司会:私は昨年からティーネットジャパンのサイト制作にかかわらせていただき、たくさんの方々にお話を伺ってきました。そのときに、感じたのが「誇り」という言葉。「PRIDE~次世代へつなぐ 土木施工管理技士の新しい働き方」というサイトのタイトルにその思いを込めました。
そしてみなさんのお話をきいていて今、情熱の「熱」という漢字をイメージしています。

転職の先輩から
これからティーネットジャパンへの入社を考えている方へ

全国で働く20代がZoom座談

伊藤:「支援業務って何」「土木について知らない」という私のような他業種経験者は他にもたくさんいます。以前の経験も必ず生きていきます。上司や同僚も協力してくれる環境です。

小野:未経験であることや、自分に務まるか不安だということでためらっているのなら、その心配はいらないよと伝えたいです。誰でも最初は初心者ですし、周りのフォローは十分あるのであとは自分次第でなんとでもなります。

戸塚:発注者と施工者の二つの立場に携わることができ、技術者として多くの現場から経験や知識を積むことができます。

藤田:しっかり働いて、しっかり休む。とメリハリがあるし、業務上での責任感は問われると思います。
その分、達成感・やりがいも大きくなります。

Hさん:新しいことに挑戦するには素晴らしい会社だと思います。ぜひ一緒に頑張りましょう。

瀧本:自分は土木経験がありませんでしたが、先輩方の指導のおかげで補助としてですが、業務をこなせるようになってきました。経験のない方でも気軽に応募されてみてはいかがでしょうか。

株式会社ティーネット・ジャパンの
求人情報
ティーネットジャパン 発注者支援業務 募集要項
  • 応募条件:土木経験者(発注者支援業務、土木施工管理、設計コンサル業務など)、未経験者・女性も歓迎
  • 仕事内容:発注者支援業務
    (積算、工事監督、行政事務補助、公物管理 等)
  • 資格:1・2級土木施工管理技士、1・2級電気工事施工管理技士、RCCM、技術士等の土木関係資格
    (※土木関係の資格が無くても可能)
  • 勤務地:北海道・東北・北陸・関東・中部・近畿・中国・四国・九州・沖縄
  • 給与:185,500円 ~ 400,000円 + 別途手当
    昇給:年1回(7月)賞与:年2回(6月、12月)
  • 休日:完全週休2日制(土日祝日)
    年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇ほか

ティーネットジャパン公式サイトで
詳細を見る

バナー
バナー